みんなのタイ語広場 Thai Language Society บ้านภาษาไทย

タイに関するさまざまな情報を発信しています。Thai Language Society/บ้านภาษาไทย

2014年2月7日金曜日

ソフトバンクのiphone4sをタイでアンロックunlockするためには

日本ではiphoneのアンロックを脱獄と呼ぶそうです。やり方はいろいろあるようすが、ここタイでは完全にSIMを置く基盤を変えます。その基盤もお店によって様々なメーカーを使いますし、方法も異なりますので、用途に合わせて注意深く選択していく必要があります。

さて、タイでアンロックをしようと思えば、MBKの4階がベストだと思います。慣れていないところだと、細かな作業ができなかったり、アンロックの料金が7000B程度に跳ね上がってしまいます(MBKでのアンロックの方法と異なるため)。MBKの相場は1000Bが基準ですが、交渉次第で800B程度までは下がります。iphoneでないガラケーのアンロックは400Bからと安いです。ただし、メーカー(NECなど)によってはアンロックできないので、お店の人に確認する必要があります。 アンロックをお願いすると一時間もかからずに作業を完了してくれます。その際は、これから利用する予定のSIMを用意しておいてください。

ソフトバンクのiphoneのSIMはナノSIMと言って、タイ人が使っているiphoneのマイクロSIMとは異なります。しかし、そこはタイ人のダイナミズムが見られるところで、マイクロSIMをハサミで丁寧に切り、ナノSIMの形にしてしまいます。 店によっては、マイクロSIMの形のものを差し替えてくれるので、アンロックする際はマイクロSIMのをお願いと言っておきましょう。というのも、ナノSIMの形にハサミで切られてしまうと、マイクロSIMや普通のSIMを採用している携帯に挿すことができなくなってしまうためです。もし、ナノSIMの形になってしまって、もとのマイクロSIM等に形を戻したい場合は、使用しているキャリアのお店に行きましょう。SIMを無くしたと伝えれば、新たなSIMをいただけます。

iphoneをアンロックした際のキャリアの選択は注意が必要です。例えば、AISが提供する2100Mhz帯は日本から持ってきたiphoneでは受信できません。キャリアの選択は、必然とDTACかTRUEの二択になります。さらに、iphoneを使用し始めると、それらのキャリアから品質向上のために国民IDの登録のお願い、という趣旨のメールが届きます。こちらのメールは絶対にIDなどを打って返信してはいけませんし、無視で結構です。もし、返信すると、ロックがかかってしまい、またまたアンロックをしなければならなくなるからです。なお、このソースはDTACのお店で確認しました。

今回はアンロックの件について情報を提供しましたが、APPのサービスやその他付属品や修理など、タイではあらゆるiphoneに関連したサービスが溢れ返っています。もちろん、正規のアップルサービスではないので、全て自己責任の範囲で相当の覚悟が必要で、トラブルの際のタイ語による交渉力も求めらることをお忘れなく。そして、NOKIAをはじめ様々なメーカーのスマホが1万円程度から手に入ります。実は、日本で売られているものはに高級機種ばかりなのです。ですから、現地でスマホを買うというのも一つの選択肢ではないでしょうか。

バンコクへはマレーシア航空!?

タイへ行くのにどの航空会社を利用すればよいか。この問題は、自費で行き来する者にとっては、常に頭を悩ませる問題です。私はこれまでマイレージの関係上、ANAやタイ航空を使ってきましたが、しかし、1.片道のみで、2.荷物の重量規制が緩く、3.中華系航空会社ではない、という3つの点から選んでみると、唯一その基準に合う航空会社が見つかりました。

それは、ワンワールドに属するマレーシア航空です。関西からタイまでの料金は約3万1千円(サーチャージ等の費用を全て含む)で、荷物は30kgまで無料です。さらに、追加の荷物料金も1月末時点では、5kg単価6千円程度でした。ただし、ドル決算ですので、料金は日々変動します。またマレーシア航空会社のホームページに記載されている料金は、最新の更新情報ではないので、出発前には確認が必要です今回のタイへの渡航では、80kgほどの荷物があったので、助かりました。マイレージもクアラルンプール経由のバンコク着ですので、直行便よりも増えますし、機内食や機内のエンターテイメントに関心が低い方にはちょうどいい感じでないでしょうか。

ちなみに、今回は別途郵便局のSAL便でも荷物を発送していました。実は、単価としては10kg以上の荷物はこのSAL便の方がコスト的に割安です。ただ、以前日用品を送った際に税関に引っかかり、いくらか支払ったことがあったので、今回のSAL便の中身は書類や本のみしました。1週間ほどで到着し、もちろん税関も何事もなく通過しました。一方、SAL便と同時に発送した船便は3週間ほど経ちますが、まだタイには届いていません。それと、税関のことが心配なら、私は欧米の会社よりも郵便局のEMSが最もよいのではないかと感じています。これまで十数回いろいろ送りましたが、平日なら3日程度でバンコクに何事もなくこれまで着いています。それと、封筒に現金を入れて送ってはいけないと言われますが、これは本当ですね。私は一度2万円入った封筒をタイに送りましたが、きっちり届きませんでした。

2014年2月6日木曜日

タイの私立病院に行ってきました(皮膚科)


最近、皮膚の病気に感染してしまいした。足がむずかゆいなと思って、足の指先の間を見るとなにやら白く膨らんでいるものを見つけました。水ぶくれのようなものなのですが、白いんです。そこはためらわずにふくろを破いて、肌を乾燥させ一旦は回復に向かいます。しかし、2-3日もするとまた少しずれた場所に同じようなものができてしました。さらに、手の指や甲、ふとももにも湿疹のようなものが現れ、かゆくてたまりません。 当初水虫かと思い込んでいた私は、ヘルペスか帯状疱疹かなと思っていました。つぶした水ぶくれのようなところから細菌が入り込んだようで、今度は足の裏のところにその白い水ぶくれができ、歩くことが困難なほどの状態になってしまいました。
私は外国人がほとんどいないタイ人ばかりの職場で働いているため、保険はもちろんタイ人の社会保険(日本の健康保健のようなものですが、強制ではありません)を適用させなければなりません。しかし、この社会保険は、当に渡って3ヶ月たってからでないと使えないとのことで、自費で自宅近くの私立病院に行く決意をしました。 時間外診療でしたが、若いお医者さんが、「あら、これだけ腫れてたら細菌性のものだな、それと部屋もきれいにしなけばなりませんよ」との診断をされるがままで、1分で終わってしまいました。抗生物質2種類と塗り薬で、料金は2400B(初回診療700B,standard outpatient care 400B)です。やはり、健康が一番だなと思いながら、しぶしぶ支払い、その日は帰ることにしました。

3日後、先の時間外診療のお医者さんは皮膚科が専門でないので、今回は皮膚科の先生に診てもらいました。手の甲などの湿疹やかゆみは引いたのですが、足の膿が一向に引きません。先生のお言葉「靴に靴下というのは、よくないので、できるだけ乾燥させてください。それと、これは細菌性のものですね」。まさか、また同じ薬が処方されないかと心配した私は、前回の薬を飲んでいるんですけど、あまりよくならなくて、と言うと、早速また新しい塗りぐずりと飲み薬をいただきました。今回は、前回よりも安くなるかなと思っていましたが、料金は今回も1600Bほどやられてしまいました。銀行で予備に2000B引き出しておいたのが幸いしました。しかし、納得いかないのが、看護師によるstandard outpatient care 300B。体重と血圧測っただけなのに。さらに、新しい先生に診てもらったので、またその料金が特別に発生して500B。また一週間後、診察の約束をしましたが、さすがにもう行かないと強く決心しました。これじゃ、いくらお金があっても足りないですね。近くに、皮膚科のクリニックがあればよかったのですが。向こう3ヶ月は絶対に病気や怪我をしないようにしないと。

ちなみに、タイの社会保険を適用させると、800Bまでなら出してくれますし、会社によって全く異なりますが、医療費は一回につき1500Bまでとか、歯科以外無料、あるいは歯科も含めて無料などのサポートをしてくれる会社があります。また、タイの機構に所属している場合(公務員あるいは公務員に準じる職についているなど)、国立私立含めた指定の病院を選択し、その指定した病院に通うことになり、料金は自身の家族を含めて年2万Bまでは無料です。2万B以降も程度に応じで社会保険等などが適用されます。